「こどもの日」が「結婚記念日」

各位

今日は「こどもの日」です。
私の事務所は東急大岡山駅のそばですが、となりが「大岡山浴場」で銭湯がございます。
本日は「こどもの日」で子供は無料で入れます。
「こどもの日」は昔から「しょうぶ湯」で元気な子供になるように、菖蒲が湯船に入っております。
菖蒲の匂いもいい香りで、毎年この日がきて菖蒲湯につかると子供のころに入った記憶もよみがえり、おふくろの味と同様な記憶が脳裏に焼き付いて残っております。
私ごとで恐縮ですが、私は1974年5月5日に結婚をしまして、今日で40周年となります。
毎年「こどもの日」が来ますので当時を思い出します。

ウエディングケーキ投入

 

 

当時は品川にありました「ホテルパシィフィック東京」で結婚式と披露宴を行いましたが、多くの方々に出席頂き昨日のように思い出します。
私が結婚した時に、初めて披露宴でのキャンドルサービスが行われ、司会を依頼した友人は突然に照明が消え真っ暗になり、紙を見ることが出来ずに次のことばが詰まってしまいまして大爆笑になってしまいました。
今の披露宴と比べると、偉い人から順番に祝辞を頂き、特に会社の上司の堅い長い話を神妙に聞いていたような気がします。
友人がハンディータイプの8ミリで撮影をしてくれまして、今でも自宅にありますが「チャップリン映画」のように、無声で雨の降ったような映像です。

 飛行機と雲

 私の場合は新婚旅行がハワイでしたが、当時は成田空港は無く羽田空港からのフライトで、仲人の社長ご夫妻とご長男がお見送り来て下さいました。
4泊6日の旅行ですが、当時は結婚式の日に入籍をして、翌日に新婚旅行へ旅立つのが当たり前のようでした。
皆様も結婚式は日本の国民のならわしですので、身内だけでも良いと思いますので出来れば大安の日を選んで、やることをお薦めします。

東京南支部 古田利秋 ☎03-3718-5161

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です