似たもの夫婦

各位

皆さんはよく「似たもの夫婦」という言葉をお聞きになりませんか「
好きなものや行動がそっくりで、仲がいい夫婦というのは、はたでいてもとても幸せそうに映ります。
先日お会いしたご夫婦も、仕事もご夫婦でやっておりますが、唯一の日曜日の休日も朝から出掛けて夜帰ってくるそうです。
このような「似たもの夫婦」というのは、長年連れ添えば出来上がるというわけではありません。
長期にわたって仲のいい、バランスのとれたカップルは、パートナー選びの段階からそうなる相手を選んでいるのです。

神父の誓いの言葉

 

 

心理学者の調査で、長期にわたって良好な関係を維持してきたカップルは、趣味、性格、役割分担、価値観、信条など、多くのことがらについて、考えの一致が見られたそうです。
反対に壊れてしまったカップルは、ほとんどの項目で意見が一致していなかったようです。

正装のカップル

普通に考えれば自然の結論と言えると思います。
つねに対立や口論を繰り返しているのでは、精神的に負担が大きく生活にも支障がでます。
自分と似ている価値観や考えの相手を選ぶからこそ、関係がうまく行き長く気持ちを通わせ合うことができるのです。
釣り合いと言う意味では、極端に学歴が違うカップルや、どちらか一方が「この相手では自分の方が損をしている」と強く感じる場合も、二人の関係は上手くゆきません。自分の方が優位に感じている方が、態度が大きくなったりして、相手の自尊心を傷つけるような言動が増えて、摩擦の多い関係になります。

東京南支部 古田利秋 ☎03-3718-5161

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です