ジェラシーは愛を高める

各位

嫉妬は苦ししい感情ですが、うまく利用すれば恋愛のピリットしたスパイスにもなります。
私の結婚相談所におけるお見合いで、お見合いをした日の次の日、お見合いの日から2日以内に交際希望がどうかをお相手の仲人に連絡をする決まりがあります。
女性会員の多くは男性からの回答を待ってから、交際希望かお断りするか返事をします。
理由は自分から交際希望と言って、お断りされるのが嫌なのだと思います。

ウエディングケーキ投入

 

 

会員さんはお見合いで自分が気に入ったけれどお断りされた場合、ほとんどの会員さんは即刻多くの新たな会員さんにお申込みをしてまいります。
これは嫉妬の苦しい感情を、感情的に別の方へのお見合い申込みとして行動を起こすのではと思います。
このケースの9割は起ったな感情で、その日のうちに多くの方へ申込をしてきます。

ウエディングの新婦

お見合いでご自分が気に入らないお相手で、自分が断った場合はこのような行動はとりません。
きっとお見合いの席では、ご自分が好意を持ってお話をした結果としてお断りされ、怒りの感情が次の前向きな行動に、やる気を起こすのてはないでしょうか。

東京南支部 古田利秋 ☎03-3718-5161

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です