大岡山駅のつばめの巣

各位

大岡山駅には毎年つばめが巣をつくり、ひなを育てて旅立ってまいります。
皆さんはツバメは渡り鳥であることを知っていますか。
きっと皆さんが知っているツバメは「若いツバメ」、年上の女性に可愛がられる「若い男」の方かも知れませんね。

大岡山駅正面口

「東京ヤクルトスワロース」の愛称「スワローズ」は、今のJR「当時の国鉄」国鉄の特急列車「つばめ号」に由来がございます。
お父さん、お母さんに聞いてみて下さい。また、東京の各地には「つばめグリル」と言う名のレストランがあります。
二子玉の高島屋本館の隅に「つばめグリル」がありますので、ハンバーグを食べてみたら如何でしょうか。

大岡山駅のつばめの巣

 

 

 

 

 

 

 

ツバメはスズメ目ツバメ科の鳥で、全長が17センチぐらいで、上面が黒色で下面が白色、翼は細長く先が二またに分かれています。
日本には夏鳥として渡来し、人家や軒下にお椀型の巣をつくり、ほぼ全世界にいる鳥です。
皆さんも結婚してお子さんに「ツバメ」のことを教えて欲しいので、お近くで良く観察してか如何でしょうか。

東京南支部 古田利秋 ☎03-3718-5161

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です