お見合いから、婚約までのパターン

各位

昨日もお見合いが午後4時よりございました。
本日は私どものお見合いから、交際にかけてのご紹介をさせて抱きます。
昨日の場合は、女性から男性にお見合い申込が着まして、男性が受諾してお見合いとなりました。
お見合いは、ほとんどの場合は有名ホテルのロビーで待ち合わせをして、ラウンジでお茶をしながら二人だけで行います。
お見合い時には、名刺交換や電話番号交換は禁止でございます。

巫女さんの祝詞

 

 

 

 

 

お見合いは、たいがい1時間30分ぐらいで終わるケースが多いです。
お見合いが終わると、男性は男性の仲人さん、女性は女性の仲人さんに今後交際を希望するか、交際に入らずお断りするか、お見合い結果を報告します。
お二人が交際希望の場合は、仲人を通じてお互いの電話番号を伝えます。
そこで男性から女性に直接電話をして、交際が始まります。
昨日の場合もお二人とも交際希望で、今朝電話番号を伝え、今夜7時以降に女性へ男性から電話をして、次のデートの約束をします。和服新郎

交際に入って順調の場合は、交際期間は最長で3か月以内となっております。
成婚になる場合、90%の会員さんはお見合いから1か月ぐらいでお二人の気持ちは決まります。
その後、ご家族に会せたりして進みますが、男性がプロポーズして女性が受けた時点、つまり婚約で成婚退会となります。
交際が長引いて3か月以上経っても婚約とならない場合は、交際が終了となります。
交際して3回から4回目で結果が出るのが、私の結婚相談所の標準バターでございます。
皆さんは、そんなに早く決まらないでしょうと言われる方もおりますが、疑問に思われる方は是非いらして下さい。お話をさせて頂きますと納得されると思います。

東京南支部 古田利秋 ☎03-3718-5161

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です