外見よりも、お人柄を選ぶ

各位

世の中の女性が勘違いしていることに「もてる女性」=「結婚したい女性」ではありません。
フェロモンばりばりの女性は、それは男性はお付き合いをしたいと思います。
しかし、結婚したいかと言えば、男性はNOです。
ファッションが時代とともに変わるように、男性の心も時代とともに流れがございます。
と言うことは、男性が結婚したいと言う女性も変わっているのです。

和服の新郎新婦

 

 

 

 

以前に読んだ記事に書いてありましたけれど、55%の男性が結婚相手の顔にこだわりますかに対し、良くも悪くも毎日顔を合わせるのだから、こだわらざるを得ないと言ってます。
また45%の男性は、顔よりも笑顔が素敵だったり、会話が楽しかったり、一緒に居て落ち着ける女性の方が良いと言っております。
顔にこだわるかどうかは、結果として大差はありませんでした。
「美人は3日で飽きる」「ブスは3日で慣れる」言った人がおりましたけれど、「結婚したら顔なんてどうでもいいんです」外を歩くのに「ブスだから恥ずかしい」と気にするのは男性の人間性の問題と思います。

巫女さんそれでも入会したばかりの男性は、美人や可愛い、また年齢差があり若い女性を選びますが、気が付くのに約一年はかかります。
選んでお断りされ、たまたま運よくお見合いをしてもお断りされて、やっと男性が自分自身ことを女性はどう見ているかをしります。
やっと結婚相手の女性の選び方が解って来ますが、5年経っても自分を見失っている会員さんもおります。
お見合いで失敗をして、何度も繰り返し、やっと自分を知る過程を通り過ぎて正常な男性になります。

東京南支部 古田利秋 ☎03-3718-5161

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です