お見合いで、口数の少ないお相手との対応

各位

皆さんにとっては入会後のお話になりますが、お見合いで「口数の少ないお相手」に困ることが、結構多くあります。
お見合いでなくても、初対面の方とのお話で経験がおありのことと思います。
特にお見合いの時の男性は、女性を目の前にすると頭が真っ白になり、上がってしまって日ごろ口数か少ないのに加えて、次の言葉が出て来なくなります。
女性は男性のリードに従ってお話をすれば良いのですが、男性にとってはどうしてもクリアをしなければならない関門です。

和服の三々九度

 

 

 

 

寡黙な人は会話がしにくいので、なにかと黙りがちで会話が途切れます。
女性からすればお相手の男性がこのタイプだと、どうすれば良いのでしょうか。
まず第一に、会話が途切れるのを気にしないことです。
喋らない人でも、中身が豊かな人は結構いるものです。
口に出さずに心の中で吟味したり、煮詰まるまで考えたりして、温めているので軽々と口に出さない人もいます。
言葉は少なくても、発する一言に重みがあり、こちらもじっくりと、その一言を味わうつもりで、会話のやりとりを急がないことである。和服の新婦お相手の口数が少ないと、もしかして自分が嫌われているかも知れないと、かすかな疑問が湧くこともあります。
気になった場合は自分の気持ちを正直に「あなたが黙っていると、どう思われているか解らなくて心配になる」と言葉にして伝えると良いと思います。
また、会話は言葉にならない表情、目線、仕草、行動などによっても成り立ってます。
良くお相手を見ていれば、このことからもお相手を知る手がかりになることもあります。

東京南支部 古田利秋 ☎03-3718-5161

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です