県民性を知れば、人間関係がもっと楽しくなります

各位

皆さんは高校野球を観戦してますか。
私は高校野球が楽しみで、夢中で見ております。
私は東京生まれ東京育ちなので、どうしても東京の代表を応援してしまいます。
何故でしょうか理由はありません。
しかし負けている高校もなぜか夢中で応援をしてしまいます。
アナウンサーがそれぞれの高校の県民性や、地元の人たちの紹介などを聞いていると、選手のことが段々好きになって行くこともあります。

神前での祝詞

 

 

 

 

 

お見合いのお相手を選ぶのに、自分の出身地を設定して選ぶことも一つの方法ですよと言っております。
私自身の考え方ですが、中学と高校を過ごして学んだ同志ですと、気心が知れて話しやすいように思うからです。
私の男性会員さんの中にも、自分が育った中学高校の福島県出身の女性を選ぶ方もおります。
中学高校時代に生まれ育った地域の方とは、共通の価値観がある場合もあるかも知れません。
もちろん県民性と言っても、そこに住んでいる人が全員、同じような性格や気質を持っているわけではありません。

扇2枚

昔から「寡黙で忍耐強い岩手県人」とか「頑固で気骨のある鹿児島県人」とか、いろいろいと言われてきた県民性は、周囲の人を見渡しても当たっている点が多いと思います。
首都圏で考えても、立川生まれの立川育ちの方は、結婚して出来れば立川に住みたいと思っている人もいます。
県民性はいったいどのようにして培われたのだろうかと考えると、その県を取り巻く自然環境ではないでしょうか。
実際に、山や海、川、湖、島と言った地理的な特徴が、人間に与える影響が大きいと思います。

東京南支部 古田利秋 ☎03-3718-5161

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です