ワインの楽しみ方

各位

私の結婚相談所では入会をされれば、皆さんお見合いができます。
お見合いが出来れば、わりと早く多くの会員さんは交際に入ります。
入会したばかりの会員さんの多くは、食事をする場所やデートの場所を知らない方が多いと思います。
その点私は一番得意とするところで、会員さんには良くご紹介をしております。
私の選び方は、リーズナブルで美味しい店で、デートに向いている雰囲気が良い店を紹介します。

教会 (2)

 

 

 

 

以外と若い人は知らないのに驚いております。
もっとも会員さんはお相手が居ないのですから、失礼を申し上げているかも知れません。
ワインの楽しみ方について少しお話をさせて頂きます。
一般に肉料理には赤、魚料理には白と言われますが、実際にはソースにどんなワインや更新料を使っているかで、相性のいいワインは違ってきます。
素直にソムリエに相談して、だんだんと覚えて行くのがよいと思います。花柄 赤乾杯の流儀で、グラスとグラスをぶつけるのは、酒の中の精霊に魔除けをしてもらう意味があったとかを聞いたことがあります。
しかし派手にぶつける必要はなく、そっと触れ合う程度か、胸の高さまで持ち上げるだけにするのがマナーです。
飲めない人も少量のワインで乾杯に参加して、飲む真似をすれば良いと思います。
飲めないからと言って水を注ぐのは、別れの水杯につながるので、洋の東西を問わずマナー違反になります。
如何でしょうか。

東京南支部 古田利秋 ☎03-3718-5161

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です