お見合いでの話のきっかけ

各位

お見合いでは上手な話し方が出来れば良いのだが、いざお相手の彼女の顔を見ると頭が真っ白になって、思うように行かないのが現状ではないでしょうか。
上手な話し方をする前に「自分は相手にどう見えているか」を考えてみることです。
話が上手い人とは、どんな人でしょうか。
何となく感じが良くて、頼まれると嫌と言えない人。
何でも話したくなる、相談したくなる人。
話していると、楽しくて時間を忘れてしまう人。

朝顔①

 

 

 

 

このように「感じがいい人」が「話が上手な人」なのです。
たとえおとなしく、無口な人であっても、いくつかのポイントをおさえていれば「話上手な人」になります。
それは相手のことを知ろうとすること、「聞いて欲しいこと」をしっかりと聴いてあげることです。

朝顔②

お見合いの場での話の切り出しでは「お相手の趣味の話」から入ると話がスムーズに入れるものです。
それは「あなたと話がしたいけど、どんな話題が良いかわからないから、まずあなたの好きなことを話しましょう。話しのきっかけになりますよ」と言うことなのです。
趣味でなくても何でもいいので、最近興味を持っていることでも、話のきっかけになれば、そこから会話がはじまります。如何でしょうか。

東京南支部 古田利秋 ☎03-3718-5161

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です