男性の年金生活で問われる

各位

70才男性の評価は自宅と年金金額で問われます。

私もそうですが年金金額は今となって考えてもどうすることも出来ません。

私の場合は民間の中小企業を退職した年金金額約200万円です。

同年代の同級生と比較すると年金を60才まで申請している人と、サラリーマン

として勤めた期間が短い人は年金金額は少ないです。

 

 

 

 

若い頃に自営業の人は国民年金ですから7万円ぐらいで少ないです。

自営業で商店経営であった人は、現役のころ収入が多かったので貯蓄をして

自己マンションを建てて賃貸収入を取得している人は生活の安定があります。

老後のことを何も考えずにいた人は当然収入は低いです。

若い頃に郵便局や役所勤務だった人は、20代、30代の頃は給料は安かったけど

40代、50代になって給料が増えて年金金額はサラリーマンよりも多いです。

戦後の男性の仕事の選択によって年収の個人差があります。

 

東京南支部 古田利秋 電話090-7814-1737

結婚相談所をお探しの方へ

こちらへ どうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です