時代と共に変わる女性

各位

今の時代は「計算の出来る女性」でないと、自分の理想を逃してしまう時代です。
「今あなたは結婚したいですか」「子供を産みたいですか」と言えば、80%の女性はイエスと答えると思います。でも現実はと言えば、なんとなく「結婚も、出産も、仕事も」と考えて、そのまま2年、3年婚期を過ぎてしまう女性がかなりおります。
あるいは「婚活ブーム」に流されて、漠然と「結婚こそゴール」と「30才までには出産を」と焦り、あげくの果て簡単に仕事まで捨てる女性が多くなってます。

ウエディングーキ

 

 

 

 

「あの時に仕事を辞めなければ良かった」と心から後悔する20代、30代の主婦がります。
また「あの時に結婚・出産について真剣に考えておけば良かった」と嘆く、30代、40代の女性たちもおります。10年ぐらい前に「30代以上で未婚、子供なしの女性」を負け犬と言った本が売れました。
30才で結婚をしたものの、子供の産みそびれはアラフォーの一人ですと言われましたが、近年は時代が大きく変わろうとしております。ウエディングカー

 

現実にも35才から44才でも、私たち仲人仲間で出産する女性のお話はよく耳にします。
「仕事と生活の両立」を表す「ワーク・ライフ・バランス」は、定時で帰って家庭生活の充実をしてもらった方が、長い目でみて企業のためでもあるようです。
「女はこうあるべき」と言った時代から、働くママとしての自由、それだけ豊かな時代になったのではないでしょうか。

東京南支部 古田利秋 ☎03-3718-5161

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です