私の人生の転機①

各位

男ですから仕事における転機が幾つかありました。

私は子供の頃から学問が嫌いで32才の時に結婚して本を一冊読みました。

読みましたと言うより女房に読めと言われて仕方なく読みました。

本来理工系の私が意識して文系の女房と結婚したのが間違いでした。

 

 

 

 

結婚して直ぐに当時の会社の中村専務が古田これを読めと言って一冊の本を私に投げました。

自宅に戻り玄関に投げておきました。

一週間経った頃に女房がこの本は読んだのと言いました。

 

私は「読んだよ」と面倒くさいので言いました。

すると、どんなことが書いてあったかを聴かれました。

私は3ページしか読んでなく適当に内容について言いました。

女房はそんな事は書いてないと言って追及してきました。

本のタイトルは「日本経営学の真髄」と言って3センチの厚さの私の最も苦手な本でした。

 

東京南支部 古田利秋 電話090-7814-1737

結婚相談所をお探しの方へ

こちらへ どうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です