成婚退会のご挨拶

各位

昨日は成婚退会の挨拶にお二人お揃いで、お見えになりました。
女性会員さんが私の支部の会員さんで、男性は他の支部の会員さんです。
私の支部の女性会員さんは今年の2月に入会され、3月23日にお見合されてご縁がございました。
私は成婚退会される場合、お二人お揃いで来られたカップルには「婚約誓書」を書いて頂き、私からのお祝いとして「ペアのワイングラス」をお渡しをしております。
「婚約誓書」はA4の紙一枚で、「これから二人で思いやりの心を大切にし、一生力を合わせて幸せな家庭を作ります」と書かれている書類に署名と印鑑を頂くものです。

彼女の紹介

 

 

 

私の会員さんが女性の場合は、私の方から来られた男性にご挨拶をしてお祝いの言葉を申し上げます。
お祝いの言葉と言うよりも、自分の娘を嫁に出すような気持ちで、いろいろと確認をしながらお願い事と言うか、一言添えて彼女を大切にして欲しい胸のお願いをしております。
また交際以降から成婚に向けて、女性は皆さんとても綺麗になります。
本当に不思議で、これが本当の恋で、雄から好きになられた雌、人間も動物と変わらないといつも思います。 飛行機と雲

本日、男性にお願いしたのは、一日10分間は奥様の話を必ず聞いて欲しいと言いました。
もし実行できない日があった場合は、次の日に20分間お話を聴いて欲しいと言うことです。
ただ二人でお話をすると言うことではなく、奥様が言いたいことを聴いて差し上げて欲しいと言うことです。
また、出来る限り手料理で二人で家で食事をすることです。
いつまでも心の対話を持った、仲の良い夫婦になって欲しいと思います。

東京南支部 古田利秋 ☎03-3718-5161

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です