季節に合った素敵な服装

各位

「馬子にも衣裳」と言う言葉を聞いたことがございますか。
馬子にも衣装とは、どんな人間でも身なりを整えれば立派に見えると言う意味です。
他人に使うときは、失礼にあたる言い方をしないように気を付けたいと思います。
「お嬢様の結婚式にお招き頂き、ありがとうございます。馬子にも衣装で素敵な花嫁姿でした」と言うように、親しい間柄で冗談まじりに使うようです。

男と女

 

 

 

 

私の事務所では、インコのつがいを飼っておりますが、ひと月前に羽がやたらと抜けて気になり、鳥屋さんの息子さんに電話で尋ねましたら、この時期は冬の羽から夏の羽に変わる季節で病気ではありませんと言われ安心しました。鳥も衣替えがあることを知りました。
猫二匹人間の場合は、6月1日と10月1日が「衣替えの日」です。
ところが最近は「地球温暖化」のせいでしょうか、季節の変わり目がはっきりしなくなって、皆さん季節の変わり目に関係なく、その時の気温に合わせて衣替えをするようになり、どうやらこの習慣も薄れてきているようです。
特に女性の服装が夏になると見違えるように素敵になります。
これからお見合の時などは、思い切った明るい服装、男性が思わず目を見張るような服装になっては如何でしょうか。

東京南支部 古田利秋 ☎03-3718-5161

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です