好き嫌いの無い子に育てる

各位

私は幼児をお連れのお母さんに話しかけます。

嫌な顔をしないで笑顔で応対してくれます。

開口一番娘が1才3か月の時に女房に入院され一年間おしめから離乳食までやりました。

と言うと楽しく話しかけて来ます。

 

 

 

 

離乳食のときに納豆とか親が嫌いな食べ物を少し混ぜるだけで好きになります。

海老が嫌い母親でも離乳食に海老を入れれば子供は食べれます。

しかし母親が嫌いなものを食べさせないと食べられない子供に育ちます。

これは食べ物だけではないと思います。

音楽が好きな母親の子供は音楽が好きになります。

お母さんが歌っていると歌うのが好きな子になります。

ですからテントを背負って家族でキャンプに行けば自然が好きになります。

親子でプールに行けば泳ぎが好きになります。

 

東京南支部 古田利秋 電話090-7814-1737

結婚相談所をお探しの方へ

こちらへ どうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です