掲載写真が決め手

各位

結婚相談所探しで入会をお考えの皆さんは、いろいろな観点から選ばれていることと察します。
しかし入会をしてしまってから判ることがあり、入会後に気が付き選び方を失敗する方は多いものです。
例えば、入会と同時に会員プロフィールをつくるところから入って行きます。
このプロフィールづくりで、お相手からの申し込みが来るものと、来ないものに出来上がってしまいます。
昨日も女性の入会希望の方より、すでに掲載写真を撮ってあるので見て欲しいと言って、メール添付をしてまいりました。
拝見させて頂きましたが、2万5千円をかけて撮影したと言うことですが、私にはちょっと採用できないと申しました。
つまり写真屋さん選びに失敗をしているのです。もちろん、その中のお写真がご本人は良いと思っているようですが、私が拝見すると明らかに写真を撮り直しした方が、間違いなく良いと判断できます。

教会 (2)

 

 

 

この辺の判断は訪問した結婚相談所と言うより、あなたと対応したカウンセラーのレベルによって決まります。
大手は特にパートで雇われているカウンセラーがほとんどで、お相手の男性が見てお会いしてみたいと思えるかどうか、そこまで判断できるか疑問です。
つまり、どこの写真やさんの誰に撮ってもらうかで、どんな服装選び、メイク、ヘヤーメイクのセンスが良い方に撮影をしてもらうかが鍵で、結果として今回の場合は私は彼女が送ってきた写真は撮り直しを薦め、私のいつも使っている写真屋さんへ行くことになりました。
教会フロフィールの部分の掲載写真の話ですが、写真以外の部分でも好感の持てる書き方がございます。
一言でいえば、これは仲人のセンスであり、長年の実績で培われた「ノウハウ」で、実際にお話を聞いて理解できる大切なことがらでございます。

東京南支部 古田利秋 ☎03-3718-5161

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です