あおり運転に思う

各位

あおり運転の被害者は大勢いる。

私は経験からすると「あおり運転被害中」の警告ランプを標準装備付きにすれば良いと思う。

私が一番先に経験したのは昭和49年に結婚して伊豆方面にドライブに行った時であった。

この時はまだ20代の女房とドライブに行った時でした。

不良ぽい若い男二人に単車でそばに着けられて5分ぐらい相手にしなかったら自然に消えた。

 

 

 

 

二回目は60才過ぎてから彼女と二人で那須塩原にドライブに行った時でした。

始めは単車の男を私が追い抜いたら、男は気に食わなかったのかあおり運転を始めた。

私は無視をして運転をしていたが10分ぐらい続けて来たのでスピートを出して単車を振り切った。

その後また追いついて来て、あおり運転をしつこく始めて来た。

煩いのでスビードを極端に落としたら単車の男もスピードを落としてそばに密着して来た。

バーキングエリアに来たので駐車をして30分経ってからドライブを続けた。

可愛い女性を格好いい車に乗せているとあおり運転被害に2度出会った。

基本は相手にしないことと、出来ればあおり運転被害中の警告ランプが欲しかった。

 

東京南支部 古田利秋 電話090-7814-1737

結婚相談所をお探しの方へ

こちらへ どうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です